収入が激減したら生活保護申請!細かな審査基準についても解説

サイトマップ

収入が激減したら生活保護申請!細かな審査基準についても解説

ケガや病気などで働けない人は生活保護申請をしよう

手をつなぐ母娘

もしもあなたがケガや病気などで働けなくなってしまい、頼れる人もいなくなった場合には生活保護申請をしましょう。生活保護申請は、厚労省が定める最低生活費を稼げなくなってしまった場合に受けられます。つまりケガや病気などで働けなくなって、収入が全く無くなってしまった場合は最低生活費すらも稼げなくなってしまったという状態に当てはまりますので生活保護申請の条件に当てはまるということです。
その他にも生活保護申請を受け付けてもらうための条件はいくつかあるので、まずは窓口にいって相談するか、生活保護申請についての相談を受け付けている専門家に相談することをお勧めします。相談だけですとお金がかからないところがほとんどなので、気軽に相談してみましょう。いずれにせよ、働けなくなってしまった状態を放置しておくといくら貯金がたくさんあったとしてもいずれは底をつきてしまうことは間違いないので、早めに生活保護申請をすると良いでしょう。
生活保護に対してマイナスなイメージを持っているからなかなか申請できないという方もいますが、やむを得ない事情で働けなくなった場合はどうしようも無いので生活保護に頼るべきですし、国が認めていることなので積極的に利用することをお勧めします。

収入が減り続けて生活が厳しい場合は生活保護申請

説明をする

生活保護申請について分からない人は専門家に相談しよう

説明を受ける

ケガや病気などで働けない人は生活保護申請をしよう

手をつなぐ母娘

生活保護申請は代行してもらうことも可能

座っている外国人