収入が激減したら生活保護申請!細かな審査基準についても解説

サイトマップ

収入が激減したら生活保護申請!細かな審査基準についても解説

生活に困っているならまずは生活保護申請を検討しよう

散歩をする

仕事を失ってしまったり、あるいは何らかの事情で収入が途絶えてしまった場合、たちまち生活に困ってしまうでしょう。生活やお金に困っているという場合は、多くの方が現金に換えられそうな私物を売却したり、親族などに援助を頼むのではないかと思われます。それで解決ができるのであれば、問題ないかもしれませんが、いずれの方法も無理という状況に置かれている方もいらっしゃることでしょう。
そのような場合は、躊躇せず行政の専門機関に生活保護申請を行ってください。生活保護は、行政から最低限の生活のために必要な費用を公的扶助として支給してもらえる制度です。誰でもいつでも申請することは可能ですが、審査があり、その基準や条件にあてはまなければ受給することはできません。生活保護申請のための基本的な条件として、自治体の最低生活費を収入が下回っているということがメインの基準となります。
それに加えて、車や土地などの資産を有していないこと、援助可能な親族などの存在がないことなどが条件となっています。こちらは、自治体によっても異なりますし、個人の生活状況などによっても変わってきますので、生活保護申請の際は、各自治体の担当者などに詳しく問い合わせをしてみてください。

生活保護申請の手続きについて

日本においていよいよ生活が立ち行かなくなった時、頼れるのはやはり行政です。例えば健康面の問題で仕事を辞めざるを得ない、高齢者世帯で収入が見込めない、その他さまざまな家庭の事情から生活が困窮している場合、生活保護を申請する権利が認められています。
もちろん認められるには諸々の条件を満たす必要があり、申請したからと言って必ず承認されるとは限りません。しかし現実に生活が困窮している場合、生活保護申請を行うことに何らリスクはありません。まずは相談から始めてみてはいかがでしょう。
生活保護申請の手続きはお住いの地域にある福祉事務所でできるようになっています。また福祉事務所がない地域では、町村役場がその役目を担っていますので、まず最初に福祉事務所で生活保護制度について詳しい説明を聞いてみましょう。
一通り説明を聞くといろいろな疑問や質問が出てくるかと思います。そうした点を一つ一つ確認、相談してからあらためて生活保護申請を行うか否かを考えることもできますので、何はともあれまずは福祉事務所に足を運ぶことが大切です。
非常にデリケートな事柄だけに一人で悩んでいる方もおられるかと思いますが、行政に相談することで明るい未来が見えてくるかもしれません。

生活保護申請する前に知っておきたいポイント

生活が立ち行かなくなった際に必要最低限の費用を補償してくれる生活保護制度ですが、制度そのものの存在は知っていても詳しい内容までは一般にはあまり知られていません。周りに相談もし難いですし、一人で悩んでいるという方もいるのではないでしょうか。そこで生活保護申請をする前にいくつかのポイントを見ていきましょう。
まず持ち家があったら生活保護申請ができないと思われている方は多いですが、必ずしもそうではありません。生活保護を受けるにあたって、居住用の家についてはその保有が認められています。ただし資産価値が高く保有に適さない資産は原則処分となるので注意が必要です。
いわば売却してしまうより居住するほうが利用価値が高い場合、保有は認められるわけです。同様に自家用車も状況によってはその保有が認められています。例えば居住地が郊外で車がないと移動が困難だったり職探しに必要だといった場合です。ただしこうした資産の保有はあくまでも申請者の状況に応じて認められるもので、生活保護申請をしても家や車が持てるということではありません。生活保護は各市町村の福祉事務所が窓口となっていますので、不明な点があれば問い合わせてみてください。

収入が減り続けて生活が厳しい場合は生活保護申請

説明をする

生活保護申請について分からない人は専門家に相談しよう

説明を受ける

ケガや病気などで働けない人は生活保護申請をしよう

手をつなぐ母娘

生活保護申請は代行してもらうことも可能

座っている外国人